KDDIとソフトバンクが通信障害時にもう一方の回線が利用できる「デュアルSIMサービス」提供

通信が復旧するまでの代替手段となる予備回線として提供、事業者間でバックアップ体制を整備

KDDIとソフトバンクは、どちらかの通信サービスで通信障害などが起きてスマートフォンで通信できなくなった際、もう一方の回線を使って通信が利用可能な「デュアルSIMサービス」を3月下旬以降に提供する、と2月2日発表した。KDDIのau回線をソフトバンク回線に、ソフトバンク回線をau回線に切り替え、復旧するまでの代替手段にする。

デュアルSIMサービスは通信障害や災害に備えた予備回線として提供。スマートフォンは現在、通話、メール、SNSといったコミュニケーションに加え、金融決済、ショッピング、行政サービス、企業のアプリなどさまざまなサービスの窓口になる重要な社会インフラになっていることから、携帯電話事業者間でバックアップ体制を整備する。

契約者情報を記録するSIMカードを2枚使って複数回線を利用するデュアルSIM機能搭載スマートフォンが対象。詳細はサービス開始前に公表するが、利用料は月数百円程度とみられる。2022年7月に発生したKDDIの大規模通信障害を機に非常時の事業者間ローミングが議論されているものの実現に時間がかかるため、両社でサービスを始める。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]