Sprocketがアプリ内でポップアップ活用の接客が可能な「Sprocket App」を提供開始

ウェブブラウザでの接客と組み合わせることでアプリとウェブを横断した接客を実現

CRO=コンバージョン(最終成果)率最適化=プラットフォーム開発・販売のSprocketは、「iOS」「Android」のアプリ内でポップアップを活用した接客ができる仕組み「Sprocket App」の提供を12月19日に始めた、と同日発表した。同プラットフォーム「Sprocket」で可能だったウェブブラウザでの接客と組み合わせ、アプリとウェブを横断した接客を実現する。

Sprocket Appは、アプリを利用するユーザーの行動データをリアルタイムに分析し、ユーザーそれぞれに最適なメッセージが配信できる。画面の閲覧▽画面のスクロール▽画面内の要素のタップ▽ログイン・ログアウト▽カート追加▽お気に入り登録▽購入--などの行動データからセグメントを作成。各ユーザーの疑問に対応してコンバージョンを最適化する。

Sprocketではブラウサ内で同様な接客ができるが、Sprocket Appによってアプリでも可能にした。ウェブとアプリのユーザーをひも付けることで、機器を横断した接客体験が提供できる。出先でアプリを利用して商品を検索してお気に入り登録した後、自宅でパソコンのブラウザでサイトを訪問する場合も、行動データの連携でパーソナライズした接客ができる。

「Sprocket App」イメージ図
「Sprocket App」活用イメージ図
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]