PR TIMESがプレスリリース管理画面で利用する「PR TIMES Webクリッピングβ版」を開始

広報発表の成果分析が管理画面と同一ページで可能に、「Slack」「Chatwork」へ即時通知

プレスリリース配信サービス「PR TIMES(ピーアールタイムズ)」を運営するPR TIMESは、広報活動や自社に関する報道の調査・分析に役立つ「PR TIMES Webクリッピングβ版」の提供を始める、と8月24日に発表した。2017年1月から提供する広報効果測定サービス「Webクリッピング」の一部機能をPR TIMESの管理画面内で提供する。PR TIMESを利用中の企業は追加料金なしで使え、23年2月以降に正式版として有料提供する。

PR TIMESの企業向け管理画面で利用するWebクリッピングは、大手ニュースサイトから新興Webメディア、キュレーションメディア、動画メディアまで2300以上のWebサイトに日々掲載される記事の中から、指定キーワードを含む記事を調査・抽出し、分析可能な形でレポートする。1日約10万件~15万件、最大20万件の記事を調査し、広報活動の成果チェックや自社に関する報道状況、競合他社や業界動向の報道調査に利用できる。

管理画面と同一ページで効果測定が可能になり、自社に関する報道を元に成果を振り返り、今後の広報活動のヒントにできる。従来のWebクリッピングからUI(ユーザーインターフェース)を一新して、クリップ詳細ページでは各掲載数やグラフを大きく見やすくした。調査した記事は、ビジネスチャットツールの「Slack」や「Chatwork」へ即時通知する。リアルタイムで確認できるのでタイムリーな社内共有が可能だ。

Webクリッピング機能
利用方法
プロダクトの特徴
利用できる機能
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]