データビークルがWOW WORLDの新CDP「WOW engage」を高度なデータ分析で支援

あえて情報を送らないことも、高度な分析で顧客コミュニケーションを量から質へと転換

データサイエンスツール開発・販売のデータビークルは、5月に資本業務提携したWOW WORLD(ワオワールド)の新商品「WOW engage(ワオエンゲージ)」に高度な統計手法に基づく分析機能を提供する、と8月24日に発表した。CDP(顧客データ基盤)ソリューションのWOW engageに、データビークルの拡張データ分析ツール「dataDiver」で得た知見を生かし、「企業と顧客のちょうどいいコミュニケーション」の実現に貢献する。

WOW engageは、企業内で別々に管理されている個人情報や購買情報、Webサイト上の行動履歴を統合したCDPを中心としたエンゲージメントソリューションで、BtoB(法人向け)や、BtoC(消費者向け)を問わず幅広い業種で利用できる。統計的因果推論などの手法で得られた分析結果をもとに、顧客にとって最適な情報を、最適なタイミングと最適な手段を選んで配信できるようになり、マーケティング効果の最大化が期待できる。

WOW WORLDグループ全体で提供するソリューションで、子会社で企業のデジタル戦略支援のコネクティがCDPを開発した。WOW WORLDのコミュニケーションシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」で情報内容によってメールやSMS、LINEと配信チャンネルを出し分ける。高度な統計手法に基づく分析機能で「その情報はあえて送らない」や「別の情報に差し替える」など顧客コミュニケーションの量から質への転換を進める。

概要
WOW engageの管理画面イメージ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]