デザインプラットフォームCanvaが共同作業しやすい新プラン「Canva for Teams」を提供

チーム管理やワークフロー、ブランド管理、コラボ機能でチームのビジュアル制作を強化

オンラインのデザインプラットフォーム「Canva(キャンバ)」を展開する豪州Canvaは、2人以上の使用を想定した新プラン「Canva for Teams」の提供を7月26日に始めた、と8月4日に日本語で発表した。2人から数千人の企業向けのソリューションで、デザイン能力の向上やコラボレーション機能などチーム作業のユーザーに関連性の高い機能がある。

チームで「Canva」利用時のイメージ画

組織・企業・チームを支えるデザインプラットフォームとして開発した。①チーム管理では、さまざまな部門やブランド、国や時差も超えてチームを一括でまとめて管理。アクセス権の付与、デザインや進捗の確認・管理が可能。そのほか、②ワークフロー、③ブランド管理、④視覚的コミュニケーション、⑤コラボレーション――機能がある。

これまでの有料プラン「Canva Pro」は個人向けプレミアムプランとなり、上限50GBのストレージ容量が1TBになる。個人ユーザーの利用が急増している動画編集機能が使いやすくなった。従来の企業向けプラン「エンタープライズ」は廃止し、チームで共同作業がしやすいCanva for Teamsへ移行する。6人以上のチームには割引価格を提供する。

Canvaは2013年にオーストラリアのシドニーで創業。アクティブユーザーは世界で月間7500万人(22年1月)。17年から日本でサービスを開始し、20年5月から日本のユーザー向けのテンプレートやコンテンツを拡大した。細やかなローカライゼーションでユーザー数を増やしている。作成したデザインは無料で商用利用することができる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]