「リアルとデジタルの融合」をテーマに改装した古民家で大和ハウス工業などが実証実験開始

「XR HOUSE 北品川長屋1930」、リアル・バーチャル共生と家が人格を持つような空間を検証

大和ハウス工業は、「リアルとデジタルの融合」をテーマに改装した築90年以上の古民家「XR=AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)=HOUSE 北品川長屋1930」(東京都品川区)で、建物とデジタル技術の組み合わせで創られる新たな価値を検証する実証実験を6月3日に始める、と6月2日発表した。利用者が体験を通して住まいの価値についてどう感じるかを調べる。

バンダイナムコグループで研究開発を行うバンダイナムコ研究所、建築・デザイン事業のノイズと8月31日まで実施する。XR HOUSE 北品川長屋1930は、1930年代に建てられた5棟の古民家群の1棟(木造2階建て)の内部改装プロジェクト。デジタル技術で空間のイメージを一瞬で変えられるXR技術に着目し「少し先の未来の暮らし」の具現化を目的に2020年12月に立ち上げた。

「XR HOUSE北品川長屋1930」外観

実証実験では①日常の空間にデジタルを取り込んだリアル世界とバーチャル世界の共生を目指した空間②人の動きに家が音と光で反応し、家が人格を持ったような空間--に関して検証する。①は、ふすま、障子、畳に日常生活に浸透するようなデジタルな表現を加えた。障子を開けるとモノクロの屋外空間が広がるなど、リアルとデジタルの融合を訪問者に体感してもらう。

 障子の間
ふすまの間

②は、センシング機器を通して古民家が人の位置を常に把握。古民家の中にあるLED電球に人が触れると、事前に決まっている機械的な反応ではなく、その時々の人の位置などで多種多様に変化する反応をタイルへの映像投影とサウンドで表現する。実証期間中には有識者、業界関係者、学生などとのワークショップを開催。住宅・建築業界の新しい価値の創出につなげる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]