Googleがパスワードとオンラインアカウントを安全に保つための10項目のヒントを公開

「個人情報を考える週間」に合わせ、「Googleパスワードマネージャー」の利用を推奨

Googleは、パスワードとオンラインアカウントを安全に保つための10項目のヒントを5月30日公開した。同日から6月5日までが「個人情報を考える週間」になっていることから、個人情報を守る鍵になるパスワードとオンラインアカウントの適切な管理を求めた。同週間は政府機関の個人情報保護委員会が定め、個人情報の重要性に関する情報発信を強化する。

パスワードについて①複数アカウントで使い回さない②12文字以上③英字(大・小文字)、数字、記号の組み合わせ④他人に知られていたり簡単に見つかる情報から作成しない⑤他人に知られないように⑥管理ツールの使用⑦定期的に更新⑧チェックアップの実行⑨漏れた時に備えて再設定用情報の追加⑩2段階認証プロセスの設定--とアドバイスしている。

⑥については「Googleパスワードマネージャー」の利用を推奨した。オンラインアカウント用の強力で固有のパスワードが簡単に作成でき、Googleアカウントのパスワードを覚えていると、サイトにアクセスしたりログインしたGoogleアカウントでサインインしたりする度に、パスワードが自動入力される。⑧はパスワードの安全度とセキュリティの確認を指す。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]