どう考える? 20代~30代男性社員の6割以上、仕事の調べ物で「YouTube」を参考にしていた【STRATE調べ】

「YouTubeで調べ物」は信憑性に問題無し? 仕事に関する調べ物で3割がYouTubeを活用。

SheepDogが運営する「STRATE」は、YouTubeの仕事利用に関する調査結果を発表した。全国の20歳~49歳の男女正社員300人が回答している。

YouTubeで調べ物?が当たり前に

まず全体に「仕事中、仕事に関する調べ物をするときにYouTubeの動画を見ますか?」と聞くと、「YouTubeの動画は仕事では見ない」71%が最多だったが、それ以外に見ている人が3割ほど存在した。

これを性年代別で見ると、「仕事に関する調べ物をするときにYouTubeの動画を見る」という人が、20代・30代男性は38%で突出して多かった。以下40代女性、40代男性が続く。

さらに年収別で見ると、年収1,000万以上がもっとも多く45.92%、次いで年収500万~1,000万未満の33.29%、年収500万円未満が20.18%となり、年収が高いほど仕事に関する調べ物でYouTubeの動画を見ると回答した割合が高かった。

調査概要

  • 【調査対象】宮城県,東京都,愛知県,大阪府,福岡県の20歳~49歳の男女・正社員
  • 【調査方法】ネットリサーチ
  • 【調査時期】2021年12月3日
  • 【サンプル数】300人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]