仕事の悩みを相談する相手、まず1位「家族」2位「同僚」、3位は友人と上司のどちら?【ビズヒッツ調べ】

1位「直接会って相談する」に続き、2位に「LINEでする」がランクインする時代。

ビズヒッツが運営するメディア「Biz Hits」は、「仕事の悩みを相談する相手」に関する調査結果を発表した。社会人男女500人が回答している。

仕事の悩み、いつどこで誰に相談?

まず「あなたは仕事の悩みを誰に相談しますか?」と聞くと、1位「家族」147人、2位「同僚」142人、3位「友人」126人が上位となり、4位「上司」66人にダブルスコアを付けてのトップ3となった。

「職場の誰かに相談すると、社内で話が広がってしまうかもしれないから」という意見もあり、状況を知っていることより、利害関係なく身近で寄り添ってくれる人に相談するケースが多いようだ。また少数ながら「カウンセラー」「公的機関」なども入っており、複雑なケースでは相談サービスも利用されている。

続いて「仕事の悩みをどのように相談しますか?」と聞くと、1位は「直接会ってする」398人が圧倒的多数で、

2位に「LINEでする」97人、3位に「電話がする」93人がランクインしている。このへんは、やはり直接の会話のほうが、ニュアンスや細部が正しく伝わるからと思われる。一方で、会う場所としては「社内」「お店などでご飯を食べながら」「家」など、細心の注意は払っていない様子もうかがえる。これは、そこまで深刻なものでなく、“雑談の延長”というケースも多いためと考えられる。

深刻な相談にせよ雑談の延長にせよ、“悩みを相談できる”相手がいるのはよいことだ。

調査概要

  • 【調査対象】現在就業している男女
  • 【調査方法】インターネットによる任意回答
  • 【調査期間】2021年9月17日~18日
  • 【有効回答数】500人(女性288人/男性212人)
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]