電通が「People Driven DMP」とブレインパッドのCDP「Rtoaster」の連携を開始

精緻な顧客分析を提供、企業のデータを生かしたマーケティングの高度化を支援
よろしければこちらもご覧ください

電通は、マーケティングデータプラットフォーム「People Driven DMP」と、ビッグデータ活用・デジタルマーケティングサービス事業のブレインパッドが展開する顧客情報管理プラットフォーム(CDP)「Rtoaster(アールトースター)」の連携を始める、と12月2日発表した。より精緻な顧客分析を提供し、企業のデータを生かしたマーケティングの高度化を支援する。

People Driven DMPは、ウェブ・スマートフォン閲覧行動、位置情報、購買行動、属性意識価値観、テレビ視聴行動などのデータを保有し、さまざまなデータを人基点でつないでいる。Rtoasterは、企業が自社の顧客データを取得・統合して分析するプラットフォーム。連携によって、個人を特定しない形でデータを組み合わせることができ、高度な顧客分析が可能になる。

データ連携によるメリット

顧客を多角的に捉えることで企業は、顧客に合わせた商品・サービスの提案、コミュニケーション設計などで顧客体験を高められる。集めたデータを事業成長につなげられない課題に対して両社は、電通の持ち株会社、電通グループとブレインパッドが共同設立した電通クロスブレインとともに、データ中心のマーケティングを一括提供する体制を構築してサポートする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]