米国Facebookが「Meta」に社名変更、事業のメタバースへの広がりでプラットフォームと技術を包括

新社名のもとでARやVRに注力して没入型体験の提供へ、批判を浴びる中でイメージ刷新の狙いも?
よろしければこちらもご覧ください

Facebook Japanは、米国本社が10月28日(米国時間)付で社名を「Meta(メタ)」に変更した、と10月29日発表した。同社が10月28日に開いた開発者会議「Connect 2021」でマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)が明らかにした。事業が従来型のSNSからメタバース(オンライン上の3D仮想空間)に広がっていることから、自社のプラットフォームと技術を包括した社名にした。

新しいロゴ

メタバースは、既存のさまざまなオンライン上のソーシャル体験を組み合わせたようなイメージで、3Dに拡張されたり、現実世界に投影されたりするという。離れた場所の人と没入体験が楽しめ、現実世界では不可能なことも一緒にできるようになり、ソーシャル技術の次の進化、としている。新社名のもとで拡張現実(AR)や仮想現実(VR)に注力し、没入型体験の提供を目指す。

米国Facebookは、2004年に「Facebook」を始め、その後「Instagram」、対話アプリ「WhatsApp」の運営会社を買収し、VR端末の開発会社も傘下に入れた。急成長の一方、プライバシー重視の考えが世界的に強まる中、個人情報に依存する事業モデルが批判され、最近では社内文書に基づく企業体質の問題も表面化。社名の変更には、イメージを刷新する狙いもあるとみられる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

なりすまし
ネットワーク上で他人に“なりすまし”て活動すること。「spoofing」と英語表 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]