米国Facebookがオンラインショッピングを充実させる技術への投資を推進、経済回復を支援

パーソナライズしたショップ広告やAI・ARでの商品のバーチャル体験などショップ機能拡充
よろしければこちらもご覧ください

米国Facebookは、パーソナライズしたショップ広告や、AI(人工知能)・AR(拡張現実)での商品のバーチャル体験など、オンラインショッピングを充実させる技術への投資を進める、と6月22日(米国時間)発表した。新型コロナウイルスを機に拡大するオンラインショッピングを支援するためのショップ機能の拡充の一環。同機能に一層投資することで、経済回復を継続的に支える。

ショップ広告は、「Facebook」のニュースフィードや「Instagram」のフィードのように利用者ごとにパーソナライズしたショッピング体験の提供を目指す。普段のショッピング行動に基づいて最も商品を購入しそうな場所に送客する広告のテストを米国で行っている。将来は、特定顧客への特別なオファーやプロモーション広告によってさらにパーソナライズする方法を検討する。

AI・ARでは、InstagramにAIを活用した新たなビジュアル検索ツールを導入し、新商品を簡単に発見できるようにする。併せて、購入前に商品をARで体験してイメージしやすくする。ビジュアル検索のテストを年内に米国で始め、例えば花柄のワンピースを気に入って画像をタップすると、類似商品が見付けられるようになる。将来は、利用者が撮影した画像からも検索可能にする。

Facebook上ではAR対応のダイナミック広告を試験的に導入している。広告主がARの商品カタログをアップロードすると、利用者の興味・関心に関わる商品を自動的に表示。広告を通じてバーチャルな試着体験を訴求できる。ショップの支援については、FacebookとInstagramのチェックアウト(決済)機能(米国のみの対応)を使用する出品者への手数料を2022年6月までの1年間免除する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]