ビズテーラー・パートナーズがSNS運用支援の「ソーシャルリスニングテーラー」を提供

イー・ガーディアンとCCIの合弁会社がローコストで競合調査や炎上リスク対策に対応
よろしければこちらもご覧ください

投稿監視・風評調査・ゲームサポートのイー・ガーディアンと、インターネット広告事業のサイバー・コミュニケーションズ(CCI)の合弁会社のビズテーラー・パートナーズは、「ソーシャルリスニングテーラー」の提供を始めた、と12月4日に発表した。ソーシャルリスニングや競合調査、炎上リスク対策・対応をローコストでサポートする

SNS運用や風評対策に知見のない企業向けで、調査ツール「ブランドウォッチ」を活用して「Twitter」の全量データを取得して提供する。イー・ガーディアンの投稿監視技術で24時間365日の監視体制を構築する。投稿数増加や炎上など異常を検知したらアラート報告と有人による目視確認で対応し、口コミやリスク投稿を収集・検知する。

消費者行動やインサイトの把握でSNSのリアルな声が重要視されているが、調査ツールの導入コストや高度な運用知見など、企業には十分な運用体制の構築に課題がある。ビズテーラー・パートナーズは、調べたいキーワードを列挙するだけでソーシャルリスニングを行い、希望する調査報告頻度をパッケージプランで選ぶなど費用を抑えて運用する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]