BTPがソーシャルメディア広告・PRの反響を分析した「反響調査テーラー」を提供開始

24時間365日監視の「ソーシャルリスニングテーラー」を活用、高精度なレポートを作成
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告事業のサイバー・コミュニケーションズ(CCI)と、投稿監視・風評調査のイー・ガーディアンとの合弁会社のビズテーラー・パートナーズ(BTP)は、ソーシャルメディア広告・PRの反響を分析した「反響調査テーラー」を広告・マーケティング業界向けに4月12日から提供を始める、と同日発表した。ソーシャルメディアで消費者を分析したレポートを活用して、実施したPRの振り返りや次の広告施策に生かせる。

 

BTPは、ソーシャルメディアで話題になる消費者の「リアルな声」を24時間365日監視するサービス「ソーシャルリスニングテーラー」の知見を活用する。リサーチツール「ブランドウォッチ」で「Twitter」の全量取得をベースにした高精度な分析によって効果測定レポートを作成する。関連するSNS話題を短期から中長期にわたって収集・整理・分析して効果測定する。24時間365日の自動アラートで早期のリスク検知もできる。

ブランド認知拡大や商品購入を目的にデジタルを活用した広告配信・PR施策を多くの企業が行っている。ただ一般的な効果指標のクリック数や商品購入数では各施策が消費者意識にどのような変化をもたらしたのかの反響が分からなかった。広告配信前後のブランドイメージの変化や、生活者がサービスに興味関心を持って購買意欲につながったかが分かる調査分析レポートのニーズが顕在化しており、BTPは反響分析サービスを提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ネイティブ広告
インターネット広告の表示(内容)タイプの1つ。 一般社団法人インターネット ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]