商品名やキャッチフレーズの音の印象評価「感性AIアナリティクス-語感チェッカー」開始

京王グループの感性AI、独自の音韻印象に関するデータとAI技術を活用、課金は1回ごと
よろしければこちらもご覧ください

京王電鉄を中核にする京王グループでソフト・システム開発の感性AIは、商品名やキャッチフレーズなどの音の響きや印象をAI(人工知能)が評価するサービス「感性AIアナリティクス-語感チェッカー」を10月1日に法人向けに始める、と9月23日発表した。既存サービスをリニューアルし、キャッチフレーズや広告コピーなど幅広い用途での活用を可能にした。

同社独自の音韻印象に関するデータとAI技術を活用。アンケート方式で数日かかる印象評価を1分で実現する。22の商品分類からジャンルを選択し、商品名やキーワードを入力することで評価できる。「高級感」「親しみやすさ」といった数字で表せない印象に関しても、商品・サービスの分類ごとに最適化した30尺度の値で-1.0~+1.0で定量的な評価が可能。

活用例

これまでのサービスは商品名などのネーミングだけが対象で、料金は月額課金だった。今回、評価可能対象を広げるとともに、料金を1評価2万円(税別)に改めた。専用ページでアカウントを登録すると感性AIアナリティクス-語感チェッカーの利用が可能になる。11月30日までの登録で1回無料になる。同社は京王電鉄と電気通信大学教授の共同出資で設立した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]