電通が企業の従業員調査の自由回答をAIが分析するダッシュボード「VoiScope」開発

従業員の自発的な会社への貢献意欲を高めるための課題発見と解決策の策定を高速化
よろしければこちらもご覧ください

電通は、企業が実施する従業員調査の自由回答をAI(人工知能)で瞬時に分析し、多角的な視点から課題を可視化するダッシュボードサービス「VoiScope(ボイスコープ)」を開発した、と9月23日発表した。自社の状態が素早く広範囲に分かり、従業員の自発的な会社への貢献意欲(エンゲージメント)を高めるための課題発見と解決策の策定が高速化できる。

従業員の声を知る既存の従業員調査に対して限界や形骸化を感じている企業が多く、調査回数は増えていても効果的な分析ができていないのが実態だという。そのため、顧客企業の課題解決や事業開発などをクリエイティブな視点から推進する電通内組織「電通ビジネスデザインスクエア」が手掛けた。大量の自由回答をAIの活用で多方面から分析する。

AIによる自由回答の定量化によって「事業戦略」「上司」「給与」などに分類した意見カテゴリーごとの前向き・後ろ向きや、部署別・属性別の比較ができるようになり、組織の強みや内部の課題が分かる。得られる発見が大幅に増えると同時に調査の設問数を減らして従業員の負担を軽減する。過去の調査を読み込ませて時系列で分析することも可能。


VoiScope分析イメージ


VoiScope画面イメージ

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]