営業支援ソフト「Sales Hub」のEnterpriseプランの機能を拡張、営業支援CRMへ進化

HubSpot、「カスタムオブジェクト」や高度なセールスアナリティクス機能を搭載
よろしければこちらもご覧ください

マーケティング・セールス支援ソフト開発の米国HubSpotの日本法人、 HubSpot Japanは、営業支援ソフト「Sales Hub」のEnterpriseプランの機能を拡張し、さまざまな規模の企業が利用可能な営業支援CRM(顧客関係管理)プラットフォームにする、と9月23日発表した。「カスタムオブジェクト」や高度なセールスアナリティクス機能を搭載する。

Enterpriseプランの機能拡張は「優れた機能(Power)」と「使いやすさ(Ease)」を兼ね備えた営業支援CRMの提供が目的。カスタムオブジェクトは、初期設定の「コンタクト」「会社」「取引」「チケット」の4つのオブジェクトに加え、事業に応じて管理するデータが柔軟に設計できる。不動産業なら「物件」、広告業だと「媒体」などの追加が可能。

セールスアナリティクス機能は、営業のリーダーが組織のメンバーの行動を把握し、目標達成への適切な助言を与えるレポートが容易に作成可能。新規見込み客を割り当てられた各営業担当者が最初に連絡するまでの時間や、取引の各段階に費やした時間などが分かる。Enterpriseプランには、デザイン性に優れる営業資料を簡単に作成する機能も加えた。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]