MEO機能に「Googleマイビジネス」の「COVID-19の最新情報」に容易に投稿する機能追加

SEO管理ツール「Gyro-n SEO」、営業時間・混雑・人数制限などに関する定型文から選択
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援ツール運営のユニヴァ・ジャイロンは、同ツール「Gyro-n(ジャイロン)」のローカル(地域情報)SEO(検索エンジン最適化)管理ツール「Gyro-n SEO」のMEO(地図エンジン最適化)機能に、「Googleマイビジネス」の「COVID-19の最新情報」に容易に投稿できる機能を加えた、と5月27日発表した。

定型文から選択するだけで投稿が可能。COVID-19は新型コロナウイルス感染症。Googleマイビジネスは「Google」の検索結果や地図サービス「Googleマップ」にビジネス情報を掲載するサービスで、COVID-19の最新情報といった投稿タイプを用意し、店舗が検索やGoogleマップを通じて消費者に情報を届けられるようにしている。

この投稿機能を使うには、Googleマイビジネスのモバイルアプリかブラウザの管理画面から毎回文章を作成する必要があるため、投稿を簡単にする機能をMEO機能に搭載した。当日の営業時間、店内の混雑状況、入店人数制限、テイクアウト・デリバリーの対応などに関する定型文を用意。時間や人数など最低限の編集ですむ。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]