トライバルメディアハウスとNTTデータが「インフルエンサーリレーションズサービス」開始

「Twitter」のデータを利用して企業のマーケティングを支援、ファンインフルエンサー活用
よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルメディアマーケティング支援事業のトライバルメディアハウスと、NTTデータは、「Twitter」のデータを活用して企業のマーケティング活動を支援する「インフルエンサーリレーションズサービス」を始める、と2月12日に発表した。売り上げや競争優位性獲得につなげるマーケティング活動が実現できるという。

ブランドに好意的でフォロワーの意識・態度・行動変容に影響を与えるユーザーを調べ、ブランドとの関係構築からフォロワーへの影響度の効果測定までを行う。Twitterデータの全量を分析し、ブランドに愛着を持つ影響度が大きいファンインフルエンサーの発見と、コミュニケーション管理、購買影響度の測定を実施する。

図1:ファンインフルエンサーの位置づけ

企業はファンインフルエンサーとコミュニケーションし、購買への影響度の可視化によってファンインフルエンサーとの長期的な関係に基づくプロモーション施策が可能になる。トライバルが設計と運用管理、NTTデータがTwitter全量データの提供やデータ分析・加工を担当。サービスの申し込みはトライバルが受け付ける。

図2:サービスの流れ
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]