LINEと博報堂DYデジタルが「LINE」の各種広告効果測定を詳細にするプロジェクトを開始

エンゲージメント指標確立、第1弾は「LINE公式アカウント」と「スポンサードスタンプ」
よろしければこちらもご覧ください

LINEは、デジタルマーケティングの博報堂DYデジタルとともに、LINEのコミュニケーションアプリ「LINE」で展開する各種広告サービスの効果測定を詳細にする共同プロジェクトを始める、と8月17日発表した。各広告で独自のエンゲージメント(結び付き・愛着心)指標を確立し、広告効果の最大化を目指す。プロジェクトの第1弾で「LINE公式アカウント」と「スポンサードスタンプ」を対象に調査する。

LINE公式アカウントは企業からLINEユーザーに直接情報が発信でき、スポンサードスタンプは企業独自のスタンプの提供が可能なサービス。LINE公式アカウントとスポンサードスタンプ出稿前後のユーザーの広告認知度やブランド認知度・利用経験・好意度・利用意向などの態度変容を調査し、結果を基にエンゲージメント指標を探る。プロジェクトを通して広告サービスの価値を再定義して差別化を図る。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]