CCI・VOYAGE GROUP・D2Cがドコモのデータなど活用のデジタルマーケティング事業で協業

広告商品「PORTO for docomo Ads」販売、CCIのデータコンサルティングのデータも利用
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告事業のサイバー・コミュニケーションズ(CCI)、広告プラットフォーム事業のVOYAGE GROUP、デジタルマーケティング事業のD2Cは、NTTドコモが提供するデータなどを活用したデジタルマーケティング事業で協業する、と11月21日発表した。まず、広告商品「PORTO for docomo Ads」の販売を同月に始める。

PORTOは、VOYAGE GROUPのブランド広告主向けプラットフォーム。PORTO for docomo Adsは、国内最大級のデータマネジメントプラットフォーム(DMP)を基にするCCIのデータコンサルティングサービス「DataCurrent」のデータと、ドコモがユーザーの同意で取得した個人情報を含まない性別・年代などのデータを組み合わせる。

PORTOが構築した質の高い広告枠への配信にCCIとドコモの精緻なデータを生かすことで、効果的にユーザーにアプローチできる。類推ではなく正確なデモグラフィック(人口統計学的属性)データを活用したターゲティング配信が実現する。DataCurrentが保有するデータを利用したドコモの既存メディアへの配信も可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]