CCI・VOYAGE GROUP・D2Cがドコモのデータなど活用のデジタルマーケティング事業で協業

広告商品「PORTO for docomo Ads」販売、CCIのデータコンサルティングのデータも利用
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告事業のサイバー・コミュニケーションズ(CCI)、広告プラットフォーム事業のVOYAGE GROUP、デジタルマーケティング事業のD2Cは、NTTドコモが提供するデータなどを活用したデジタルマーケティング事業で協業する、と11月21日発表した。まず、広告商品「PORTO for docomo Ads」の販売を同月に始める。

PORTOは、VOYAGE GROUPのブランド広告主向けプラットフォーム。PORTO for docomo Adsは、国内最大級のデータマネジメントプラットフォーム(DMP)を基にするCCIのデータコンサルティングサービス「DataCurrent」のデータと、ドコモがユーザーの同意で取得した個人情報を含まない性別・年代などのデータを組み合わせる。

PORTOが構築した質の高い広告枠への配信にCCIとドコモの精緻なデータを生かすことで、効果的にユーザーにアプローチできる。類推ではなく正確なデモグラフィック(人口統計学的属性)データを活用したターゲティング配信が実現する。DataCurrentが保有するデータを利用したドコモの既存メディアへの配信も可能になる。



よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]