アクセンチュアが世界最大のデザインスタジオ「Fjord」の日本拠点を開設、デザインで企業価値向上を支援

生活者の体験を起点とした企業変革を支援する体制をさらに拡充
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/11/12 15:39

総合コンサルティングのアクセンチュアは、11月11日、世界最大のデザインスタジオ「Fjord Tokyo(フィヨルド東京)」を開設した、と同日発表した。アクセンチュア インタラクティブは、生活者の体験を起点とした企業変革を支援する体制をさらに拡充したことになる。

Fjordは2001年に創業し、2013年にアクセンチュア インタラクティブ グループに加わった。世界33カ所にあるスタジオに1,200人以上のデザイナーを擁している。Fjord Tokyoは、Fjordの日本拠点となる。

デジタル化に伴い、産業構造や生活者を取り巻く環境が著しく変化する中、日本の高い技術力を、より良い体験価値へと転換していく力が求められる。Fjordが、企業の先にある生活者の体験をデザインすることで、アクセンチュア インタラクティブは、人々の生活にインパクトを与えるようなビジネス創出を支援できるという。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]