D2C Rとブログウォッチャーがアプリ内行動と位置情報データを組み合わせた広告配信開始

広告効果測定データ基盤「ART DMP」と位置情報データ「プロファイルパスポート」を活用
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告事業のD2C Rと、位置情報関連サービス開発・提供のブログウォッチャーは、D2C Rのスマートフォン向け広告効果測定データ基盤「ART DMP(アートディエムピー)」と、ブログウォッチャーの位置情報データプラットフォーム「プロファイルパスポート」を活用した広告配信を始めた、と8月8日発表した。

ART DMPに蓄積されているユーザーのアプリ内行動データと、プロファイルパスポートの位置情報データを組み合わせて分析することで、1対1のコミュニケーションの精度を一層高められる。位置情報に基づく実際の行動履歴から、実店舗に来店したユーザーへのセグメント作成や、ユーザーが来店しなかった原因の分析も可能。

 

実店舗を持つ企業が自社のスマートフォンアプリを運営するケースが増える中、アプリ内のデータと位置情報で来店行動につなげる広告の重要性が高まっていることから、位置情報データを活用した広告配信を行う。両社はオフラインとオンラインのデータを使ってさまざまなユーザー行動を分析するサービスの拡充を図る。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリック課金
クリックされるたびに広告費が発生するタイプの広告。インターネット広告における広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]