LINEリサーチ、低価格・短納期の「ライトコース」で新機能をリリース テンプレート機能でアンケートの作成がさらに便利に

新たな機能として「目的別調査ファイル」と「Webレポート画面」を提供開始

LINEは、同社のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」において提供している、スポット型の簡易アンケートに適した「ライトコース」をリニューアルし、新たな機能として「目的別調査ファイル」と「Webレポート画面」を提供開始した、と4月5日発表した。LINEリサーチのライトコースは、調査会社を通さず、フォーマットに沿った調査ファイルをLINEに提出するだけで調査が実施でき、広告代理店、アパレル、メーカーなど、さまざまな業種が利用している。

ライトコースでは、新たな機能として、調査ファイルのテンプレート「目的別調査ファイル」を提供。実用性の高い7種類(製品利用者調査、サービス満足度、店舗・施設満足度、コンセプト評価、市場全体把握、ブランドイメージ評価、パッケージ評価)のテンプレートの提供を開始した。

初めて調査を実施したり、調査項目が明確に決まっていなくても、テンプレートの設問内で商品名や社名を編集するだけで、簡単に目的に合ったアンケートを作成することができる。調査目的に迷う場合も、すべてのテンプレートの「アンケート画面」や「レポート」のサンプルを閲覧できるため、どの調査ファイルが目的に合っているかをイメージできる。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]