Glossom、フリークアウトとの協業によりオーディエンスデータを活用したターゲティング広告「AdCorsa Native Ads」を提供開始

フリークアウトの広告配信プラットフォーム「Red for Publishers」と、「QUANT」を活用
よろしければこちらもご覧ください

グリーの子会社で広告・マーケティング技術のGlossomは、マーケティングテクノロジーのフリークアウトと協業し、フリークアウトの広告配信プラットフォーム「Red for Publishers」と「QUANT」を活用し、グリーグループが展開するメディア群へのオーディエンスターゲティング広告配信を可能とするサービス「AdCorsa Native Ads(アドコルサ ネイティブ アズ)」の提供を開始した、と4月5日発表した。

QUANTは、メディア購読ユーザーの興味関心データと属性データをもとにオーディエンスデータを生成し、広告をターゲティングして配信することを可能にする。AdCorsa Native Adsは、グリーグループが展開するバーティカルメディア(特化型メディア)に対し最適にアプローチできる広告メニューとなる。

グリーグループメディアは、QUANTによって読者の記事内容に関する興味関心を解析しており、このオーディエンスデータをもとに広告をターゲティング配信できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス解析
関連語 の「アクセスカウンタ」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]