オプト、「米国CDP協会」へ国内の広告代理店として初加盟

CDPを利用した顧客データの活用の推進を強化
よろしければこちらもご覧ください

インターネットマーケティングのオプトは、米国CDP協会(マーケティング担当者による顧客データの管理の支援を目的とした組織)にゴールドパートナーとして加盟し、カスタマー・データ・プラットフォーム(CDP)を利用した顧客データの活用の推進を強化していく、と4月1日発表した。

デジタル革新により、コミュニケーション手法は多角的となっており、企業のマーケティング活動においても、データ活用やチャネル横断による、パーソナライズしたコミュニケーションが求められるようになっている。

オプトでは米国CDP協会へ加盟し、CDP構築に向けたツールの開発および提供、データ活用サービスの提供、日本におけるCDPに関するイベント・セミナーの開催や講演、米国CDP協会と連携したグローバル事例など最先端の情報の発信を行っていく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]