アリペイ、2019年春節期間の「中国人観光客の消費傾向」を発表

オフライン店舗の取引額が昨年同期比2.2倍に増加、平均支出額はヨーロッパ諸国が独占
よろしければこちらもご覧ください

中国アントフィナンシャルサービスグループのアリペイは、2019年の春節期間(2月4日~10日)における、中国人観光客の海外支出とモバイル決済行動に関する追加調査をまとめ、2月19日に結果を発表した。調査は、アリペイが導入されている54の国と地域を対象としている。

調査では、オフライン店舗の取引額が昨年同期比2.2倍に増加したことが分かった。平均支出額はヨーロッパがトップ10ヵ国を独占。伸び率が高かったトップ5ヵ国はデンマーク(22.7倍)、スペイン(7.1倍)、フィリピン(5倍)、ベルギー(4.7倍)、スイス(3.4倍)だった。

日本の取引高は昨年同期比2.6倍で、香港、タイに次いで世界3位だった。ただし、増加率は香港、タイを上回った。コンビニエンスストアの取引高は昨年同期比2.5倍で、これは1月にファミリーマートが全店舗でアリペイを導入し、取引高が増加したことが要因となっている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]