アジト、マーケティングと広告のデータを一元管理するSaaS型サービス「Databeat」のβ版を2月19日より提供開始

データ・ドリブン・マーケティングの基盤となるサービスを提供するため開発
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングテクノロジーのアジトは、マーケティングと広告のデータを一元管理して、マーケティングの効率化と工数削減を実現し、企業のビジネス成長を支援するSaaS型サービス「Databeat(データビート)」のβ版を2月19日に提供開始した、と同日発表した。

2018年には世界の総広告費に占めるデジタル広告費の割合は38.5%となり、初めてテレビ広告費の35.4%を上回ったが、データ・ドリブン・マーケティングを実現するために必要なデータの活用インフラが十分に整備されていないのが現状のため、アジトはデータ・ドリブン・マーケティングの基盤となるサービスを提供するためDatabeatを開発した。

Databeatは、様々なデータソースから必要なデータを自動で収集、一元管理する「Data Connect」、収集したマーケティングデータは、外部連携サービスに出力することができる「Data Feed」が特徴。サービスの概要は、API等によりデータを自動で収集・蓄積する「Collect & Organize」、オペレーションに合わせて、様々なフォーマットで柔軟なデータ出力を実現する「Report & Feed」などとなっている。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]