TBSラジオがリスナーのログデータ可視化ダッシュボード「リスナーファインダー」運用

放送スタジオなどに表示することでラジオ番組の制作に活用、「radiko」の聴取者が対象
よろしければこちらもご覧ください

TBSラジオは、自局のラジオ番組を聴取するリスナーのログデータを可視化するダッシュボード(情報表示ツール)「リスナーファインダー」の運用を始めた、と1月29日発表した。放送スタジオなどに表示することで番組制作に活用できるようになる。3月末まで試験を行い、その後本格的に運用開始する。

リスナーファインダーは電通が開発した。各ラジオ局の放送がパソコンやスマートフォンで聴けるサービス「radiko(ラジコ)」のリスナーを対象にする。radikoはユーザー数が増え、アプリの総ダウンロード数は約2900万にのぼる。月間の延べ聴取分数は46億分で、聴取ログデータが毎日取得可能になった。

リスナーファインダーは自局のリスナー動向を一層深く理解することが目的となり、より聞かれる番組作りを目指す。radikoで聴取されている自局の聴取ログデータを1分単位で可視化し、生放送のスタジオ内に設けたモニターで表示。これによって番組制作者はリスナーの動きを意識しながら放送できる。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]