ギブリーのマーケティングツール「SYNALIO」がシンカのCTI「おもてなし電話」と連携

顧客のチャットボットでのやり取り後の電話問い合わせがスムーズに、顧客満足度向上

成長支援事業のギブリーは、同社のチャットボット(自動会話プログラム)型マーケティングツール「SYNALIO(シナリオ)」が、システム開発のシンカが提供するクラウドCTI(コンピューターと電話の統合システム)「おもてなし電話」と連携した、と12月5日発表した。チャットボット後の電話問い合わせがスムーズになる。

SYNALIOのチャットボットでやり取りした顧客から電話で問い合わせがあると、顧客情報がおもてなし電話を通じてパソコン・タブレットの画面に表示され、チャットボットの応対履歴がポップアップされるようになる。電話を受けたスタッフはチャットの履歴を確認しながら対応でき、顧客満足度の向上につながるという。

SYNALIOは、チャットボットとサイト訪問者の会話データを基にしたセグメント化が可能。セグメントに合わせてポップアップを出したり、カスタマイズしたチャットボットを設置したりしてコンバージョン(最終成果)率を高める。おもてなし電話は、顧客からの電話着信と同時に顧客の各種情報を表示させることができる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]