ギブリーのマーケティングツール「SYNALIO」が、SATORIと連携開始、SATORI上でのチャットボットの出し分けが可能に

会話シナリオの出し分けが可能になり、利用者に合わせた会話の展開が可能に
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング事業のギブリーは、同社のチャットボット型マーケティングツール「SYNALIO」がSATORI社が提供するMAツール「SATORI」と連携し、SATORIで作成したセグメントに対して会話シナリオの出し分けが可能になり、利用者に合わせた、最適な会話を展開することが可能になった、と7月3日発表した。

SATORIではメールアドレスを含む個人情報獲得前の、匿名ウェブユーザーについてもセグメント管理が可能なため、匿名顧客であってもセグメント別に様々なアクションの出し分けができる。

データ連携機能の追加により、匿名顧客であってもセグメントにあわせた専用の会話シナリオを用意しチャットボットを出し分けることで、適切なナーチャリング(見込み客育成)施策を設計することが可能となった。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

RSSAC
ICANN(Internet Corporation for Assigned ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]