エフ・コードがWeb接客ツール「CODE Marketing Cloud」を提供、GAやMAツールとも連携

500社以上でCVRを平均134%改善した実績と知見に基づく次世代型Web接客ツール
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/7/6 7:00

Webコンサルティング事業のエフ・コードは、次世代型Web接客ツール「CODE Marketing Cloud(CODE)」を、7月中旬より提供開始する、と7月4日発表した。CODEは、500社以上でCVR(コンバージョン率)を平均134%改善した実績と知見に基づく次世代型Web接客ツールで、google analytics(無償版)で取得したデータや、他社マーケティングオートメーションツールとも連携することが可能。

CODEを導入した企業は、Webサイト来訪者の訪問回数・訪問ページ等の行動履歴や連携した外部データソースの情報を基に、Webサイト内のユーザー一人ひとりへの接客を最適化することが可能になり、CVR向上やROI(投資利益率)向上などの成果が見込める。

エフ・コードはCODEを伴走型ツールと位置づけ、ツールの運用支援コンサルティングを行うことで、マーケターの工数を削減すると同時に、効果的な導入・運用のためのサポートにおいても価値を提供する。今後随時拡張を行い、デジタル領域だけでなく、店頭や家などの生活空間にも価値を提供していくという。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]