GMOクラウドが法人向けレンタルサーバー「iCLUSTA+」においてSSLサーバー証明書を無料提供開始

訪問者のページからの離脱を引き起こす要因となる「Not Secure」の表示を回避
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/7/4 19:13

GMOインターネットグループのGMOクラウドは、同社の法人向けレンタルサーバー「iCLUSTA+」を含むiCLUSTAシリーズの全プランにおいて、常時SSL化に欠かせないSSLサーバー証明書「アルファSSL」を7月3日から無料で提供開始する、と同日発表した。

対象プランを契約中のユーザーは、年額6,480円相当のSSLサーバー証明書をずっと無料で利用できる。常時SSL化対応しなければ、Webブラウザシェア6割強のGoogle Chromeで「Not Secure(安全でない)」と警告が表示されるため、訪問者のページからの離脱を引き起こす要因となる。

なお、SSLサーバー証明書無料提供に伴い、有料オプション「共用SSL」の新規申し込みの受付を7月3日に終了する。GMOクラウドでは、より安全なアルファSSLまたは同社提供のSSLサーバー証明書各種の導入を推奨している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]