さくらインターネット、「さくらのレンタルサーバ」で無料SSL証明書「Let's Encrypt」を設定可能に

安全・安心にインターネットを利用できるよう、無料SSL証明書の簡単設定機能を提供

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、「さくらのレンタルサーバ」において、米ISRG(Internet Security Research Group)が運営する無料のSSLサーバー証明書「Let's Encrypt」をコントロールパネル上で簡単に設定可能な機能を10月17日より提供開始する、と10月10日発表した。安全にインターネットを利用するためにSSLサーバー証明書の必要性が増していることから、多くのユーザーが簡単にSSLを導入し、安全・安心にインターネットを利用できるよう、無料SSL証明書「Let's Encrypt」の簡単設定機能を提供することにした。

Let's Encryptは、ドメイン名の使用権限を確認して発行する「ドメイン認証(DV)」タイプの無料のSSL証明書で、さくらのレンタルサーバで独自ドメインを利用中であれば誰でも発行できる。さくらのレンタルサーバのコントロールパネルから簡単に発行・設定可能なほか、通常必要な90日ごとの更新作業も自動的に行われる。また、「さくらのクラウド」「さくらのVPS」でも、Let's Encryptを簡単に設定できる「スタートアップスクリプト」を提供する。さくらのクラウドは10月10日に提供開始、さくらのVPSは今週の提供開始を予定している。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]