マルケトとDataRobot、パートナーシップを締結しAIによる高精度な予測モデルをリアルタイムに実現、Sansan同ソリューション利用開始

APIの仕組みを、クラウド名刺管理サービスのSansanが採用し、利用を開始
よろしければこちらもご覧ください

エンゲージメントプラットフォームを提供するマルケトは、AI活用のDataRobotは、 「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、その結果を受けて共同でのプロモーションを開始した、と10月17日発表した。APIの仕組みを、クラウド名刺管理サービスを提供するSansanが採用し、実ビジネスでの利用を開始している。

APIにより、コーディングなどの専門スキルがなくてもMarketo上から容易に機械学習モデルを活用できるため、さまざまなマーケティングデータを基に業務の自動化を実現できる。また、高精度な予測をリアルタイムに連携することで、高度なマーケティング活動を容易に実現することができるという。

今回のパートナーシップにより、B2BやB2CにおけるMarketoの過去実績のデータをDataRobotに容易に連携する事ができるようになり、機械学習の自動化による高精度な予測モデルを簡単に作成できる。APIを活用し、DataRobotが算出した予測値をMarketoに連携することで、Marketoに流入してきた顧客に対して、瞬時にパーソナライズされたコンテンツを提供することも可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]