米国Facebookが「Facebookストーリーズ広告」の世界展開開始、世界の広告主が対象

広告の目的が設定可能、Facebookの高精度のターゲティングと広告効果測定ツールも

米国Facebookは、「Facebookストーリーズ広告」の世界展開を始めた、と米国時間の9月26日発表した。Facebookストーリーズ広告は、SMSの「Facebook」とメッセージサービス「Messenger」での先行提供で毎日3億人以上が利用している。今回、世界の全ての広告主が活用できるようになった。

Facebookストーリーズ広告は、画像や動画の投稿内容が24時間で自動的に消える仕組み。米国Facebook傘下の米国Instagramが画像共有アプリ「Instagram」で「Instagramストーリーズ広告」と呼ぶ同様の広告を2017年3月から展開し、多くの広告主が効果的な広告で成果を挙げているという。

Facebookストーリーズ広告もInstagramストーリーズ広告と同じようにリーチ、ブランド認知、動画ビュー、アプリインストール、コンバージョン(最終成果)、トラフィック、リード獲得といった広告の目的が設定可能。Facebookの高精度のターゲティングと広告効果測定ツールも利用できる。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]