Appierがビューアビリティ計測「MOAT」・ブランドセーフティ機能「Grapeshot」と連携

「CrossX AIプラットフォーム」でビューアビリティとブランドセーフティが検証可能
よろしければこちらもご覧ください

人工知能(AI)プラットフォームの台湾Appier(エイピア)は、広告が本当にユーザーに見られているかのビューアビリティ計測ツールの米国MOATの同ツール「MOAT」、広告が不適切なサイトに表示されていないかのブランドセーフティツールの米国Grapeshotのブランドセーフティ機能「Grapeshot」と連携を始めた、と6月12日発表した。

連携によってAppierの広告運用・配信「CrossX AIプラットフォーム」を通じて広告やメッセージを配信する広告主はMOATとGrapeshotの利用が可能になった。広告が適切なサイトに表示されているか、サイト上に正確に掲載されているか、適正な画角や位置に消費者が閲覧できる十分な時間表示されているかが検証できるようになった。

Appierは、サイト上に不適切な内容が掲載されているかの検証をGrapeshotに依頼。ビューアビリティの確認でMOATの分析技術と連携した。Appierのシステム上でMOATのビューアビリティ計測レポートが確認でき、MOATのレポートにGrapeshotのブランドセーフティスコアを掲載。ビューアビリティとブランドセーフティが検証可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]