「スマートフォンユーザビリティランキング」トップはNTTドコモ、2位au、3位キリン

トライベックが調査、単純明快なナビゲーション設計を評価、業種別でも通信が首位に
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援のトライベックと、子会社でブランド戦略コンサルティング事業のトライベック・ブランド戦略研究所は、国内主要50サイトのユーザビリティ(使い勝手や安全性など)の評価「スマートフォンユーザビリティランキング2018」の結果を5月17日発表した。NTTドコモがトップとなり、2位はau、3位はキリンだった。

利用者が多いと想定するスマートフォン用のウェブサイトを対象に、トライベック・ブランド戦略研究所のスマートフォンユーザビリティ診断プログラムを使用して4月上旬~5月上旬に調べた。アクセス性、サイト全体の明快性、ナビゲーションの使いやすさ、コンテンツの適切性、ヘルプ・安全性の5評価軸で全66項目について評価した。

1位のNTTドコモは、ナビゲーションの使いやすさ、コンテンツの適切性、ヘルプ・安全性で高得点となった。コンテンツが膨大でありながら単純明快なナビゲーション設計で目的にダイレクトに到達できる点が認められた。業種別のランキングでも通信業界が首位となり、賃貸、ファストフードと続いた。各上位10位ランキングは次の通り。

[スマートフォン用ウェブサイト]
(1)NTTドコモ(2)au(3)キリン(4)SUUMO(5)松井証券(6)モスバーガー(7)マクドナルド(8)アクサダイレクト生命(9)LIFULL HOME'S(10)東京ディズニーリゾート

[業種別]
(1)通信(2)賃貸(3)ファストフード(4)飲料(5)医療保険(6)人材サービス(7)自動車(8)レジャー・テーマパーク(9)ネット証券(10)ファストファッション

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]