企業サイトのWebユーザビリティ、評価ランキング1位は前年に続き「KDDI」【トライベック調べ】

トップ5には変化無し。一方6位以下でB2B企業が躍進するなど、大きな変動が見られた。
よろしければこちらもご覧ください

トライベック・ストラテジーおよび子会社のトライベック・ブランド戦略研究所は、「Webユーザビリティランキング2020企業サイト編」を発表した。全15業界・150サイトについて、5つの評価軸(全99評価項目)で評価を行っている。

5つの評価軸(全99評価項目)

  1. アクセス性
  2. サイト全体の明快性
  3. ナビゲーションの使いやすさ
  4. コンテンツの適切性
  5. ヘルプ・安全性

なお、今年度の調査では、ターゲット別サイトやLPが増えていることを受け、「検索エンジンでの表示をリッチにし、サイト流入の前から情報の分類を明示することで、よりユーザーに選択のしやすさを提供できているか」「自動応答などのAIを用いたお問い合わせ・FAQを安心して利用できるか」といった項目を追加したとのこと。

トップ5には変化無し、一方6位以下に大きな変動

調査の結果、1位~5位の企業は前年と同様、1位「KDDI」、2位「UQコミュニケーションズ」、3位「大同生命」、4位「au」、5位「中外製薬」となった。一方、6位以下の顔ぶれは大きく変わり、6位「日本通運」、7位「日本電産」というB2B系企業が大きくジャンプアップした。

スコアで見ると、全体の平均点は71.57点(2019年:70.69点)で前年より上昇。これに対し、KDDIは90.58点と高スコアをマークしている。全体的にスコアが上がっており、1位から150位までの点差も縮まりが見られたという。こうした変化は、各社がサイトのUX/CXに注力していることの表れと言えるだろう。

ユーザビリティランキング2020<企業サイト編> 企業別トップ10
ユーザビリティランキング2020<企業サイト編> 業界別トップ10

同社の分析によると、CXファーストのユーザビリティ設計、快適なアクセスに向けた取り組みの結実、サポート強化に向けたAIなど新技術のさらなる導入拡大、といった動向が見られたという。

調査概要

  • 【調査対象】「総合電機・ITサービス」「精密機器・電子部品」「情報通信」「機械・部品メーカー」「自動車・自動二輪」「医薬品」「化学・繊維・印刷」「鉄鋼・金属・材料」「銀行・クレジットカード」「証券・保険」「商社・流通・小売」「食品・飲料・生活用品」「建設・不動産・住宅」「鉄道・運輸」「電力・ガス・エネルギー」の全15業界において、売上上位の国内主要企業
  • 【調査期間】調査は2019年9月上旬から11月下旬にかけて実施しました。
  • 【調査方法】トライベック・ブランド戦略研究所のユーザビリティアナリストが、3人1組のチームでサイトを評価
  • 【対象企業・ブランド数】150サイト
     
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]