「主要企業Webユーザビリティランキング2017<企業サイト編>」発表、1位は4年連続でKDDI

KDDIが4年連続1位。高いユーザビリティを持続するには継続的な改善活動が必要

デジタルマーケティング支援のトライベック・ストラテジーおよび子会社のトライベック・ブランド戦略研究所は、「主要企業Webユーザビリティランキング2017<企業サイト編>」の調査結果を11月21日に発表した。1位は4年連続でKDDIのWebサイトだった。

同ランキングは15業界・150サイトのユーザビリティを、「アクセス性」「サイト全体の明快性」「ナビゲーションの使いやすさ」「コンテンツの適切性」「ヘルプ・安全性」の5つの評価軸・全96項目で評価し、スコアが高い順に並べたもの。2017年は次の2点を重視して評価基準が改定された。

  • ソーシャルメディアからのWebサイト来訪促進
  • 最新のセキュリティテクノロジーへの対応

ランキングのトップ10は次のとおり。

順位(前年順位)企業名
1.(1)KDDI
2.(12)UQコミュニケーションズ
3.(初)大同生命
4.(32)SUBARU
5.(2)au
7.(5)日本ハム
7.(60)ファミリーマート
8.(7)キリン
9.(44)ブリヂストン
10.(20)ニコン

トライベック・ストラテジーは「2017年はVRやAIなど新しいデジタルトレンドが出てくるなかで、『使いやすさ』『伝わりやすさ』の重要性があらためて見直される節目の1年になった」と総括している。

1位のKDDIや2位のUQコミュニケーションズは、Webサイトの全面的なリニューアルではなく、部分的なリニューアルと継続的なユーザビリティ改善活動を重ねた結果、順位の維持・向上につながった。一方で3位の大同生命や7位のファミリーマートなど、全面的なリニューアルでWebサイトの設計・デザインを大幅に刷新した結果、上位にランクインしたサイトもある。

11位以降のランキングと業種別のランキング、また評価軸ごとの詳細なスコアは、同社のWebサイトで確認できる。

調査概要

  • 調査企画・実施: トライベック・ブランド戦略研究所
  • 調査目的: Webサイトのユーザビリティを評価するため
  • 調査方法: Webサイトを5つの軸・96項目で評価
  • 調査対象地域: 日本国内企業のWebサイト
  • 調査期間: 2017年8月上旬~10月上旬
  • 調査対象サイト: 150サイト
  • 調査対象業界: 15業界
  • 調査詳細: http://brand.tribeck.jp/usability/ranking/2017/
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]