イーベイがVR百貨店オープン、専用ヘッドセットで1万点以上の3D商品を閲覧・購入

オーストラリアでVR百貨店がオープン。ヘッドセット15,000個を無料で提供

イーベイは、オーストラリアの大手小売業者であるマイヤー社と提携し、VR(バーチャルリアリティ)百貨店を立ち上げたと5月25日に発表した。

VR百貨店の紹介動画(YouTube)

VR百貨店は、専用に設計されたVRヘッドセット「ショップティカル」を通して、マイヤー社ストア内で12,500以上におよぶ商品を3Dで閲覧可能。ユーザーが視線を商品やカートに固定することで、気になる商品の仕様や価格などの詳細情報を見たり、カートに追加して購入を完了したりできる。

商品情報はebay.com.au(オーストラリア)とAPIで接続されており、マイヤー社の取り扱い商品、価格、在庫情報がリアルタイムで更新される。同社は、VR百貨店を利用することによりユーザーが商品のデザインや質感などを理解しやすくなり、最新の情報をリアルタイムで入手できるVRショッピング体験を実現したとしている。

ショップティカルは、オーストラリア国内を対象に15,000個限定で無料提供される。VR百貨店を見るための専用アプリもiOS 9.0以降とAndroid 4.4以降を対象にそれぞれ提供されているが、オーストラリアのストアで使えるIDが必要となる。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]