エンターテイメント系アプリ向け動画広告「インタースティシャルビデオ広告」開始

スマートフォン広告プラットフォーム「AMoAd」、全画面に表示される広告枠に配信
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、同社グループの広告技術商品開発組織、アドテクスタジオがスマートフォン広告プラットフォーム「AMoAd」でエンターテイメント系アプリ向け動画広告「インタースティシャルビデオ広告」の提供を始めた、と5月26日発表した。ビデオオンデマンドやソーシャルゲームなどを対象にする。AMoAdはサイバーエージェント子会社でスマートフォン向け広告プラットフォーム事業のAMoAdが展開している。

企業のマーケティングで動画を活用したユーザーとのコミュニケーションの重要性が高まっていることから実施する。アプリ起動時やゲーム終了時に全画面に表示される広告枠に動画広告を配信する。クリック課金型の配信で、動画再生後、企業のサイトやアプリストアに移る際に確認メッセージを表示し、承認(クリック)したユーザーだけ課金対象にする。誤ったタップを防ぎ、広告の費用対効果を高める。広告表示のインプレッション課金もある。

サイバーエージェント
https://www.cyberagent.co.jp/

AMoAd
http://www.amoad.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]