キリン、ECサイト「DRINX」で統合型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」を採用

集客から顧客管理までを一元管理、分断されていたデータを連携
よろしければこちらもご覧ください

キリンは、同社運営のオンラインショップ「DRINX」(ドリンクス)のマーケティングプラットフォームとして、フロムスクラッチの「B→Dash」を採用した。開発元のフロムスクラッチが4月27日に発表した。

0427_Bdash-kirin01.png

キリンが採用したB→Dashは、集客施策から販売促進、顧客管理まで全般を単独で実施する国産のマーケティングプラットフォーム。基本機能として、メール配信やレコメンド、CRMなどマーケティングに必要な基本機能を備え、他のツールとの連携なしに、データを一元管理できることが特徴。

DRINXは、キリンが2014年4月に解説した飲料のオンラインショップ。B→Dashを採用することでこれまで分断されていたデータを連携し、課題の抽出や分析、施策実行などのPDCAサイクルをより高速に回すことが狙い。

データを一元管理することで部署間・関係者間でのデータの受け渡しが不要になり、その結果、情報漏えいリスクも軽減することができるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]