Webユーザビリティランキング2024、前年1位の大日本印刷が2位に。新たなトップ企業は?【トライベック調べ】

全15業界・150サイトのユーザビリティ(使い勝手やわかりやすさ)を全117項目で評価。

トライベックは、「Webユーザビリティランキング2024<企業サイト(PC)編>」を発表した。全15業界・150サイトについて、ユーザビリティ(使い勝手やわかりやすさなど)を5つの軸で評価した。

評価軸は、トライベック・ブランド戦略研究所のユーザビリティ診断プログラムを用いており、「A.アクセス性」「B.サイト全体の明快性」「C.ナビゲーションの使いやすさ」「D.コンテンツの適切性」「E.ヘルプ・安全性」の5つ。

全体の調査項目は、前年の115項目に「アクセシビリティを考慮したサイト構造」「カスタマージャーニーに沿った情報の十分な提供」の2項目を加えた117項目。なおカスタマージャーニーの設定にはChatGPTを用いたとのこと。

中部電力が前年27位から9位にジャンプアップ

今回調査におけるユーザビリティランキングの平均スコアは、76.23点(前年:75.05点)で2年連続で上昇。調査対象とした150サイトのうち1位は、前年3位だった「J:COM」94.57点がランクを上げて1位となった。2位は前年1位の「大日本印刷」91.77点、3位は前年2位の「清水建設」だった91.19点だった。

4位は前年16位の「松井証券」90.02点が大幅にランクアップ。その他では前年27位の「中部電力」87.14点が9位にランクインした。

Webユーザビリティランキング2024 上位10社
Webユーザビリティランキング2024 業界ランキング

サイトのフルリニューアル、主要ページの構造見直しなど、Webサイトのユーザビリティを向上させる動きが目立ち平均点が上昇。上位企業の点数も総じて上昇する結果となった。

調査概要

  • 【調査対象】総合電機・ITサービス/精密機器・電子部品/情報通信/機械・部品メーカー/自動車・自動二輪/医薬品/化学・繊維・印刷/鉄鋼・金属・材料/銀行・クレジットカード/証券・保険/商社・流通・小売/食品・飲料・生活用品/建設・不動産・住宅/鉄道・運輸/電力・ガス・エネルギーの15業界。
  • 【調査対象企業数】150
  • 【調査期間】2023年8月上旬~10月下旬
  • 【調査方法】トライベック・ブランド戦略研究所のユーザビリティ診断プログラムを用いて、「A.アクセス性」「B.サイト全体の明快性」「C.ナビゲーションの使いやすさ」「D.コンテンツの適切性」「E.ヘルプ・安全性」の5つの評価軸における全117項目の評価を実施。
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]