2017年の米国インターネット広告費は880億米ドル(約10兆円)。モバイル比率は57%に【IAB調べ】

IABが発表した2017年の米国インターネット広告費は、880億米ドル(前年比21.4%増)となった。

Interactive Advertising Bureau(以下「IAB」)は5月10日、2017年の米国のインターネット広告費が前年比21.4%増の880億米ドル(1ドル113円換算で9兆9,940億円)に達したと発表した。

IABとは、米国のオンライン広告の業界団体のこと。

※ 以下、図表は「2017 IAB Internet Ad Revenue Full Year Report」より

デバイス: モバイルが前年に続き大きく成長、シェア56.7%に

デバイス別(PC/モバイル)に見ると、モバイルが前年比36.2%増の499億米ドルとなり、2016年に続いて力強い成長を遂げた。インターネット広告費全体に占めるシェアは56.7%となっている。PCも前年比5.8%増の381億米ドルとゆるやかながら成長した。

フォーマット: 動画が前年比33%増。音声(Audio)も16億ドル規模に

フォーマット別では、動画(Video)が前年比33%増となる119億米ドルを記録。広告費全体に占めるシェアは2ポイント増加し14%となった。一方で検索(Search)は406億米ドル(前年比18%増)、バナー(Banner)は275億米ドル(同23%増)でそれぞれ2ケタ成長を維持。全体に占めるシェアはそれぞれ46%、31%となっている。

なお、音声(Audio)は上図ではその他(Other)に含まれるが、2016年より個別に算出されており、2017年は前年度比39%増の16億米ドルとなった。

課金モデル: パフォーマンスが62%、CPM 34%、ハイブリッド4%

課金モデル別の構成比を見ると、パフォーマンスが2ポイント減となる62%、CPMが1ポイント減の34%、ハイブリッドが4%となった。

他メディアとの比較: 足踏み状態のテレビをインターネットが抜き去る

ケーブルを含むテレビ広告費は前年比2.6%減の701億米ドルと振るわず、前年に肩を並べたインターネット広告費が2017年に一気に抜き去るかたちとなった。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NAP
「NAP」とは、 Name(店舗や会社の名前) Address(所在地) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]