パーソナルAI「SENSY」とメールマーケ「WEBCAS e-mail」が連携、DMの精度を向上

SENSYとエイジアはサービスを連携し、両社サービスの付加価値向上を目指す
よろしければこちらもご覧ください

AI開発のSENSYは、マーケティングソリューションのエイジアと提携し、エイジア社がSENSY連携専用のメールマーケティングシステム「WEBCAS e-mail for SENSY」を販売し、共同でキャンペーンを開始する、と3月5日発表した。SENSYとエイジアは、両社のサービスを連携し、双方の顧客に提供すると同時にメールマーケティングの精度を高めるなど、両社サービスの付加価値向上を目指していく。

SENSYとエイジアは、パーソナル人工知能「SENSY」とメールマーケティングシステム「WEBCAS e-mail」を連携し、「ユーザー一人ひとりの感性に合わせて最適化したメールコンテンツ」を配信するソリューションを顧客企業に提供する。今後は人工知能による施策のパーソナライズ化をメールだけでなくLINEやDMなどの複数チャネルを組み合わせて実行するマーケティングプラットフォームの構築を目指し、共同で研究開発を進めていくという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]