エイジア、問い合わせ情報などの非構造データを分析するテキストマイニング「WEBCAS Sense Analyzer」6月発売

ユーザー自身が入力したテキストデータを分析するWEBCASシリーズの新たなラインナップ
よろしければこちらもご覧ください

システム開発のエイジアは、同社のe-CRM(顧客関係管理)システム「WEBCAS」シリーズの新サービスとして、テキストマイニングシステム「WEBCAS Sense Analyzer(ウェブキャス センス アナライザー)」を6月1日に発売する、と5月16日発表した。ユーザーが自ら入力したテキストデータ(非構造データ)を迅速に分析し、製品・サービス改善に生かすことができるWEBCASシリーズの新たなラインナップとしてWEBCAS Sense Analyzer を発売することにした。

WEBCAS Sense Analyzerは、ユーザーのWebアンケートの自由記入回答データ、コールセンター・問い合わせ窓口に集まる問い合わせ、SNSなどの投稿・つぶやきなどのテキストデータをスピーディーに分析する。大量のテキスト情報から意味や感情などを検知し、独自の人工知能アルゴリズムによって自動分類して数値化する。これによってユーザーの心理や感情を定量的に分析できるようになるという。

エイジア
http://webcas.azia.jp/

WEBCAS
http://webcas.azia.jp/webcas/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]