ビルコム、広報・PR効果測定・レポートを自動生成するPR効果測定ツール「PR Analyzer」提供開始

「媒体別掲載数」「広告換算費」など7項目を自動化し、広報担当者の業務を効率化
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援のビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」を12月21日から企業の広報部向けに提供する、と同日発表した。 PR Analyzerは、「媒体別掲載数」「広告換算費」「重点媒体登録」「論調分析」「Web記事のSNS波及」「内容分類」「時系列比較」の7項目を自動化し、広報担当者の業務効率化を図る。

PR Analyzerが、人工知能(AI)や自然言語処理によって、PR活動に関する7項目の作業を自動化することで、企業の担当者は、本来人手をかけるべきPR戦略の立案や、メディアリレーション構築などに集中できる。料金は月額10万円からで、1ヵ月から契約が可能。30日間は無料で試用することができる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AR
ARとは、「拡張現実感(Augumented Reality)」の略で、実際の景 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]