パイプドビッツが製薬企業向けに最適化されたMA「BtoD」を提供開始

オウンドメディアを最適化し、処方確度の高い医師を抽出して、MR訪問を支援
よろしければこちらもご覧ください

個人情報管理のパイプドビッツは、医療分野の運用コンサルティングのメディコム、マーケティング支援のトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」を開発し、2月22日より提供開始する、と同日発表した。BtoDは、製薬企業のオウンドメディアを最適化し、処方確度の高い医師を抽出して、効果的なMR(医薬情報担当者)訪問支援を実現する。

BtoDは製薬企業向けに最適化、パッケージ化したクラウドサービスのため、中小規模の製薬企業も導入しやすい。製薬企業のWebサイトで情報収集を行う医師の閲覧履歴や行動履歴を基に、リードナーチャリング(見込み顧客育成)を行い、医師の処方意欲を高め、蓄積したデータを活用することでMRが最適なタイミングで医師の必要とする情報を提供。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VTR
同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]