ロックオンがアドエビスの「ユーザー分析」機能を強化、D&M保有のオーディエンスデータと連係

約1.5倍の精度で性別・年齢・居住地といったデモグラフィック情報の判定が可能に
よろしければこちらもご覧ください

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、同社のマーケティングプラットフォーム「アドエビス」と、マーケティング支援のディーアンドエム(D&M)が保有するオーディエンスデータ(消費者データ)との連携を2月22日に開始する、と同日発表した。アドエビスの「ユーザー分析」機能を強化し、D&Mの450万人以上のオーディエンスデータと連携することで、これまでの約1.5倍の精度で性別・年齢・居住地といったデモグラフィック情報の判定が可能になる。

アドエビスとD&Mの連携により、性別・年齢・住居等の基本属性に加え、2,000項目以上のユーザー属性から、更に詳細なオーディエンスデータの追加購入も可能。世帯年収や世帯構成等、商材やマーケティング戦略に応じて必要な情報を追加できる。なお、今回強化したユーザー分析機能は、アドエビスのユーザーが無償で利用できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

バイラル
話題や概念がウイルス(virus)のように広まっていく様子を表現する言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]